[29日の海外マーケット概観] 全般に値動きに乏しい展開

概況


新規材料難に全般に値動きに乏しい展開。欧州市場は、ユーロやポンドに対してドル売りが優勢となった影響でドル円は97円67銭まで押された。しかし、ドル売りも続かず、98円前後まで買い戻された。ニューヨーク市場は、ドル円が98円18銭近辺まで上げたが、98円台超のレベルは続かず、97円台に。その後はもみあい。クロス円も小幅レンジでの展開。こうした中で、豪ドルはやや下げ基調を維持。

戻る