[25日午前の東京マーケット概観] 日経平均軟調な中でドル円、クロス円がジリ安

概況


24日のニューヨーク市場では、欧州で堅調だったユーロが押されたほか、米長期金利が高止まったため、ドル円は100円がサポートされた。25日の東京市場は、ドル円、クロス円ともに朝方もみあう展開。材料難に仕掛けにくい。その後はドル円、クロス円ともにジリ安に推移、午前10時を過ぎると次第に下げ幅を拡大。日経平均が軟調な中で、午前11時にかけてドル円が100円5銭近辺、ユーロが132円8銭近辺、ポンド円が153円27銭近辺、豪ドル円が91円56銭近辺まで下落。さらに11時を過ぎると、ドル円が99円99銭近辺と一時100円割れ。ユーロ円が132円割れの131円98銭近辺、ポンド円が153円15銭近辺、豪ドル円が91円43銭近辺まで下落。その後は下げ渋り。正午にかけてはもみあう展開。

戻る