[内閣府・7月月例経済報告] 「景気は、着実に持ち直しており、自律的回復に向けた動きもみられる」 総括判断を上方修正

概況


内閣府は23日、7月月例経済報告を公表した。「景気は、着実に持ち直しており、自律的回復に向けた動きもみられる」と指摘、先行きについては、輸出が持ち直し、各種政策の効果が発現するなかで、企業収益の改善が家計所得や投資の増加につながり、景気回復へ向かうことが期待される。ただし、海外景気の下振れが、引き続き我が国の景気を下押しするリスクとなっている。

戻る