[外為全般] バーナンキ議会証言後の欧米マーケットを見極める

概況


午後、ドルは全面高の展開。ドル買いの動きが強まった。ドル円は一時100円17銭近辺まで上昇。もっとも、その後の微調整の後の戻りの上値は徐々に切り下がっており、上値の重い印象を与えている。円安ではなく、ドル高とあって円売りの推進力は今ひとつといったところか。100円キープは難しそうな雰囲気だ、日経平均は先物主導で上伸したが、時間外の米株指数先物はこう着したまま動意を見せていない。ドル全面高がまたぞろ早期米金融緩和縮小への思惑にあったなら米株にとっては上値を抑える要因になる確率が高い。バーナンキ議会証言後の18日の欧米マーケットがどのような展開を示すのかをまず見極めたい。

戻る