[外為全般] 株高でドル円、クロス円ともに強含むも上値抑えられる 豪ドルは依然不安定

概況


仲値への思惑や日経平均の上げ幅拡大を背景にドル円、クロス円が上昇。もっとも上値は重い。ドル円は99円16銭近辺、ユーロ円は129円83銭近辺、ポンド円は150円46銭近辺まで上昇したが、いずれも11日東京午後以降のレンジ上限前後のレベルでは上げが止まっている。一方、依然としてオセアニア通貨は不安定。豪ドルは11日ニューヨーク市場でも下げたが、12日の東京でも株高に乗れない。豪ドル米ドルは午前10時前に0.9133米ドル近辺まで下げ、11日ニューヨーク終盤の戻りを消している。豪ドル円は90円60銭台を中心にもみあい。

戻る