[バーナンキFRB議長] 6.5%の失業率は目安であり(引き締めの)引き金ではない

概況


バーナンキFRB議長講演

・FRBは予測に基づいた政策アプローチに移行

バーナンキFRB議長質疑応答での発言

・7.6%の失業率では雇用の健全性を誇張し過ぎ
・6.5%の失業率は目安であり(引き締めの)引き金ではない
・インフレと雇用は一段の刺激策必要と示す
・物価低下は経済に悪影響与える恐れ
・金融情勢が引き締まっている若干の兆候

戻る