[8日の焦点] 中国6月消費者物価指数は要注意

概況


9日発表の景気指標は中国と英指標が注目される。中国6月消費者物価指数が要注意。中国当局は、経済の体質改善が進まないと、多少苦しい場面があっても新たな政策対応を打ち出すことはないとの見方が広がっている。日米の景気が多少よくなっても、量的面で世界景気を牽引するほどの迫力があるわけではなく、中国が当分期待できないとすれば、心もとないといえる。こうした中での中国6月消費者物価指数。市場予想は2.5%(5月2.1%)と、伸び拡大が見込まれている。マーケットにはなお景気不振に対して中国の追加緩和への期待が根強いと見られるが、物価上昇となれば、追加緩和へのかすかな望みも断ち切られるか。英指標はこのところ底堅さをみせている。5月鉱工業生産指数野予想は前月比0.2%(4月0.1%)とやや強めの予想。

戻る