[日銀・地域経済報告] 8地域から判断引き上げ 東北「回復しつつある」との前回からの変化はなし

概況


日銀は4日、「地域経済報告―さくらレポート― (2013年7月) 」を公表した。同報告は、同日開催の支店長会議に向けて収集された情報をもとに、支店等地域経済担当部署からの報告を集約したもの。報告では、各地の景気情勢を前回(13年4月)と比較すると、8地域(北海道、北陸、関東甲信越、東海、近畿、中国、四国、九州・沖縄)から判断を引き上げる報告があった。各地域からの報告をみると、家計・企業マインドが改善するもとで国内需要が底堅さを増しているほか、海外需要も持ち直しに向かっていることを背景に、多くの地域から、「持ち直している」等の報告があったと指摘されている。この間、東北からは、「回復しつつある」と、前回からの変化はないとの報告があったという。

戻る