[2日の海外マーケット概観] ドル全面高の展開

概況


2日の欧州市場は、欧米株軟調もドル買い地合いは変わらず。ドル円は底堅く、ニューヨーク序盤にはストップロスを巻き込む形でドル円が一気に100円を突破。消えない量的緩和早期縮小観測を背景にドル買いが優勢。ドルは全面高の展開。ドル円は100円40銭台まで上昇。その後、このレベルでしばらくもみ合ったが、後半、前日のガスパール財務相に続きポルタス外相の辞任表明などによるポルトガルの政局不安から対ユーロで1.2960ドル台までドル高が進むとドル円も100円72銭まで上げ幅を拡大。米国株がマイナスに転じるとドル円は100円40銭台に押し戻されたが、下値は堅い。

戻る