[2日の焦点] 豪中銀声明に注目

概況


2日発表の景気指標は、件数が少なく注目指標も少ない。今週は注目度の高い指標の発表が多いが、2日と4日は少ない。中で米5月製造業新規受注の予想は前月比2.0%(4月1.0%)と伸びは3月より拡大が見込まれている。ユーロ圏5月生産者物価指数は前月比▲0.2%(4月▲0.6%)とマイナス幅は縮小を予想。前年比0.0%(4月▲0.2%)と、マイナスから抜け出すか。指標以外では豪中銀の政策金利発表。政策金利は2.75%と据え置きの予想。注目は声明文。自国の景気認識や中国の景気認識をどうとらえているか。利下げ余地を残した文言が続いて盛り込まれるかなどが焦点。また調整基調にある豪ドルに対してなお不快感を示すのかも注目点。

戻る