[26日の海外マーケット概観] ユーロドルは一時1.3ドル割れに 後半、ドル円、クロス円は買い戻し

概況


26日の欧州市場は、ドラギECB総裁の発言をきっかけにしたユーロ売りからのドル買いにドル円は97円台後半まで買い戻された。しかしニューヨーク市場は、米1-3月期GDP確報値の予想外の大幅な下方修正を受け米金利が低下。ドル売りが優勢でドル円は97円24銭まで下落。売り一巡後はダウの強調でドル円は買い戻され、97円台後半で推移。一方、ユーロドルは一時1.3ドル割れに。

戻る