[25日の海外マーケット概観] ドル全面高の展開

概況


25日の東京市場は、中国の資金繰り不安を背景に上海株価指数が大幅下落し、日経平均株価も下げると、リスク回避の円買いにドル円は96円95銭まで下げた。欧州市場は、その後「中国人民銀行による一部金融機関への流動性供給」との報道が伝わると、ドル円は持ち直した。ニューヨーク市場では、米5月耐久財受注、新築住宅販売、6月消費者信頼感がいずれも市場予想を上回ると、米金利が上昇、円売り・ドル買いが優勢となり、ドル円は98円3銭まで買い戻された。しかし、83円は重く、上げ幅は限定的。97円台後半は底堅い。一方、ドラギECB総裁が「緩和政策は依然正当」との発言や、米金利上昇でドル買いにユーロドルは1.3065ドルまで下落。その後も上値は重い。

戻る