[18日の焦点] 米5月住宅着工件数、米5月消費者物価指数、独6月ZEW景況感指数に注目

概況


18日発表の景気指標は、マーケット注目度の高いものが多い。米は5月住宅着工件数に注目。市場予想は年率換算95.2万件(4月85.3万件)。4月は前月比▲16.5%と予想外の大幅な減少となったが、5月は11.5%の増加を予想。4月建設許可件数が14.3%の大幅な伸びとなっていることが理由。米5月建設許可件数の予想は前月比97.5万件(4月101.7万件)に減少。米5月消費者物価指数も注目。予想は前年比1.4%伸び拡大。4月に1.1%に鈍化した反動か。に注目が集まる。予想は38.1(5月36.4)に上昇。輸出回復が背景か。英は5月消費者物価指数に注目。4月は前年比2.4%に予想以上の鈍化。5月の予想は2.6%と伸び拡大。一方、指標以外では、豪中銀議事録。やや弱気に傾いていると見られる豪景気認識について注目。もっとも、踏み込んだ内容とはなっておらず、声明時の内容と基本は変わりない可能性も強い。

戻る