[外為全般] もみあい 11日の欧米は材料乏しく株式動向が焦点

概況


ドル円、クロス円ともに反発力に乏しくもみ合う展開に。ドル円は98円10銭台中心、ユーロ円は130円30銭前後、ポンド円が153円10銭前後、豪ドル円は92円40銭台出推移している。欧州勢参入待ちの時間帯だが、まだ目立った動きはみせていない。円買いに動くのか円売りに転じるのか、その見極めどころだ。11日の欧米には材料が乏しく、株式動向が焦点となりそうだ。

戻る