[11日の焦点] 日銀会合、何らかの追加対応へ思惑浮上

概況


11日発表の景気指標は、マーケット注目度からは比較的小粒なもの。中で豪4月住宅ローン契約件数の予想は前月比2.0%(3月5.2%)と伸び鈍化が見込まれている。豪は5月NAB企業景況感指数の発表もある。英4月鉱工業生産指数は前月比0.0%(3月0.7%)とさえない予想。英4月製造業生産指数の予想は前月比▲0.2%(3月1.1%) とマイナス。5月英王立公認不動産鑑定士協会(RICS)住宅価格指数は3(4月1)に上昇。英指標はこのところ底堅いものが多いが、持続性が焦点となろう。米は4月卸売在庫。予想は前月比0.2%(3月0.3%)と伸びに欠ける。注目度は劣る。指標以外では日銀の金融政策決定会合の結果発表。最近の市場環境の変化を踏まえて何らかの追加対応への思惑が浮上。中で長期国債買い入れ残高の増加を予想する向きもある。何も出ないと円高に動くとの予想もあり、日銀の対応が注目されよう。

戻る