[外為全般] NY終盤以降ドル円、クロス円持ち直しで推移も、午前9時過ぎて再び下落

概況


ドル円は、米国株高を背景に3日ニューヨーク終盤から4日午前9時過ぎまで緩やかに持ち直し。98円86銭近辺を安値に99円85銭近辺と、この間ほぼ1円戻すことになったが、午前9時10分ごろから日経平均とともに下落に転じて99円55銭近辺まで押されている。クロス円も同様の展開。ユーロ円は130円46銭近辺を高値に130円13銭近辺、ポンド円は152円92銭近辺を高値に152円54銭近辺、豪ドル円は97円35銭近辺を高値に97円9銭近辺まで押されている。米資産買入早期縮小有無を巡ってマーケットは複雑化しそうだ。円にとっては、円高要因と円安要因ともにあるり、どちらが強く出るのかが焦点となるが、その前に米資産買入早期縮小が当面どう決着するのかが問題であり、その大前提として米景気指標の動向が左右する点はこれまでと変わりない。

戻る