[外為全般] クロス円、ドル円、早朝の下げ回復も買い戻し一巡後は上値重い 豪ドル円は引き続き軟弱

概況


8日早朝、日本時間午前7時半過ぎに、時間外の内外株の下げとともにクロス円、ドル円とも下落したが、日経平均とともに買い戻される展開。ユーロ円が128円98銭近辺まで下げた後129円43銭近辺と早朝の下げを回復、ポンド円は152円72銭近辺まで下げた後153円17銭近辺まで持ち直した。ドル円は98円63銭近辺を安値に98円94銭近辺と同様に下げを取り戻した。しかし、買い戻し一巡後は上値に進む勢いはなく軟化気味。これに対して豪ドルは戻りが鈍く、対円では逆に100円40銭近辺まで下げた。現在も100円50銭台半ばで推移。

戻る