[18日の海外マーケット概観] G20を控えて積極的な売買が控えられる

概況


欧州市場序盤には、ドイツ下院か゜キプロス救済を承認などの材料にユーロ円が強含むとドル円は98円52銭まで反発。しかし、上値は重い。ニューヨーク市場では、4月フィラデルフィア連銀景況指数など米経済指標の弱さや、米株の軟調からクロス円、ドル円は弱含んだものの、下値は堅く、レンジ内でのもみあいが続いた。G20を控えて積極的な売買が控えられた。

戻る