[外為全般] G20結果待ちに様子見ムード

概況


様子見に小幅な値動き。19日まで開催の20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議の結果待ちのムードが強い。市場では、日銀の大胆な金融緩和に対し批判は出ないとの見方が多く、G20が通過すれば再び円売りの仕掛けが出やすいとされているが、そう楽観もできるか。名指しの批判は考えにくいが、歯止めがかけるところはかけられると見るのが常識の線ではないか。それと米景気指標の悪化がこれまでは過小評価されている。市場の反応は鈍い。今後は米景気もテーマになってくる可能性がある。円相場は国内要因だけで動くわけではない。国内要因の新鮮味―日銀の大胆な金融緩和が材料として弱くなれば、海外要因を材料にした展開に変わる可能性がある。

戻る