[外為全般] 午後、ユーロ円、ドル円切り返しも勢いに欠ける

概況


午後、株高に乗ってユーロ円、ドル円を中心に切り返したが、ユーロ円は129円60銭台、ドル円は98円30銭台までで、勢いはあまり感じられない。特にドル円の場合、15日ニューヨークでの急落前にもみ合った水準とほぼ同じレベルで反発力が強いとはいえない。高値をつけたあとはともにジリ貧の展開。次は何がテーマなのか焦点ボケの雰囲気。G20までは慎重、過ぎれば再び円売りとの指摘もあるが、G20で円安けん制がないとの保証があるわけではない。また、100円超えが日本経済にとってメリットなのかどうか意見が分かれている。一方で、円安を抑える要因となる海外景気の先行き不透明さが、現時点では過小評価されている。

戻る