[外為全般] 下げも限定的 先導した商品市場の動向に注視

概況


戻り歩調を強めていた日経平均が引けにかけダレたことでドル円、クロス円がジリ安に。ドル円が97円28銭近辺、ユーロ円が127円18銭近辺、ポンド円が148円80銭近辺、豪ドル円が100円77銭近辺まで押されている。もっとも、下げも限定的。為替相場が落ち着いたのかはまだ分からないが、先導した商品相場が下げ止まっている。ドル円、クロス円とも午後1時すぎにかけてピークをつけたが、この中で、いずれも15日ニューヨーク市場での下げを埋めた通貨ペアは見当たらない。市場関係者の中には、2011年4月末から商品相場が大崩れし、各マーケットに波及したケースがあるとされ、商品市場の動向は引き続き注視していく必要がありそうだ。

戻る