[10日の焦点] 注目指標見当たらない 中国3月貿易収支は要注意

概況


10日発表の景気指標は、件数が少ない。中で中国3月貿易収支に注目。予想は151.5億ドルの黒字(2月152.5億ドルの黒字)とほぼ2月並みの黒字を予想。黒字の規模だけでなく、輸入、輸出の伸びに注意。特に中国の輸入の伸びは、中国の需要回復を占う意味でも重要。9日に発表された中国3月消費者物価指数は前年比2.1%(予想2.5%、2月3.2%)と予想より弱い結果に。2月は伸びが加速したが、中国物価はそう懸念される状況にもないとの見方も見られた。しかし、当局の物価への警戒感は低下しないだろう。これまで対応に苦労してきたからだ。 フランスの2月鉱工業生産指数の予想は前月比0.3%と、低調だった1月(▲1.2%)より持ち直すとはいえ伸びが小さい。ユーロ圏ではここにきてフランスの景気不振が目立っている。ドイツに次ぐ経済規模を持つフランスが足の引っ張り役に回れば、ユーロ圏経済にとって痛い。

戻る