[8日の海外マーケット概観] NY後半、特に材料が見当たらない中再び円売りの展開

概況


9日の欧州市場は、ドル円は一時99円をつけたが、上値が重く、すぐに下落。とは様子見にもみあう展開。ユーロが弱含む場面も。ニューヨークに入ると対ドルで資源国通貨が堅調。豪ドル米ドルが1.0423米ドル近辺まで上昇。 つれてユーロドルは1.3037ドル近辺まで強含んだ。ドル円は小動き。午後、円売りが再開。ドル円は上昇基調。ダウが上げ幅をやや拡大したが、円売りに特に材料があるわけではない。円先安観を背景に円売りが強まり、99円を回復すると、99円33銭近辺まで上昇。クロス円もジリ高の展開。

戻る