[バーナンキFRB議長] 「超過準備預金金利、FRBが最終的な出口で使用する『主要ツール』」

概況


バーナンキFRB議長の講演の発言が伝えられている。以下はその骨子の一部。

「超過準備預金金利、FRBが最終的な出口で使用する『主要ツール』」
「資産売却は出口政策プロセスの終盤に活用される、政策正常化の主要ツールではない」
「大半の主要先進国は緩和的な金融政策を実施、差し引きすると相互補完的」、「一段と保守的な資本基準により、費用/効果のテストを容易に通過できる」
「金融システムの流動性改善したが、規制当局は引き続きホールセール・ファンディングへの依存低下を促す」
「ストレステストのシナリオは銀行がとる可能性あるすべてのリスクをカバーできない、高い資本水準の維持が不可欠」
「銀行のクレジットデフォルトプレミアムが2009年水準の半分に低下した、銀行のリスクに関する他の物差しも大幅に改善」
「銀行ストレステスト、米金融システムの耐久性改善に役立っている」、「銀行が数年前に比べ著しく力強さ増したことは、景気回復にプラス」

戻る