[9日の焦点] 中国3月消費者物価指数など注目

概況


9日発表の景気指標は、各国で件数は結構多いが、特にマーケット関心度の高いものは少ない。なかでは中国3月消費者物価指数(CPI)に要注意。このところ中国物価は上向きだが、3月分の予想は2.5%(2月3.2%)に鈍化すると見込まれている。もっとも、中国人民銀行はインフレへの警戒感が強く、慎重なスタンスを緩めることはないだろう。英2月鉱工業生産指数の予想は前月比0.4%(1月▲1.2%)とやや回復だが、伸びは低い。3月英小売連合(BRC)小売売上高調査は前年比1.0%(2月2.7%)に鈍化も底堅い予想。カナダ3月 住宅着工件数は17.50万件(2月18.07万件)と減少予想。カナダの3月新規雇用者数は▲5.45万人と予想に反して大幅な減少。2月の予想外の増加(5.07万人)も帳消しに。同データのブレは大きいが、同国景気のへ方向性ははっきりしない。米は2月卸売在庫。予想は前月比0.5%(1月1.2%)と鈍化。

戻る