[5日午前の東京マーケット概観] 円売り継続 ドル円が97円を回復

概況


円売りが継続。午前9時過ぎ、ドル円、クロス円ともに上昇して始まったが、まもなく押される展開。しかし、すぐに円売りに転じて、午前9時半前にドル円が96円80銭近辺と直近高値を更新。ユーロ円が125円19銭近辺、ポンド円が147円39銭近辺、豪ドル円が100円88銭近辺まで上げた。さらにドル円は97円を突破、一時97円4銭近辺まで買われた。ユーロ円は125円49銭近辺、ポンド円が147円68銭近辺、豪ドル円が101円乗せの101円6銭近辺まで上値を切り上げ。ドル円の97円突破の後利益確定売りの増加で、クロス円を含めて軽い調整場面が見られたが、午前11時を過ぎて切り返すとドル円は97円18銭近辺、ユーロ円は125円59銭近辺、ポンド円は147円87銭近辺、豪ドル円は101円11銭近辺まで上げ、いずれも5日高値を更新。正午近くにはやや上値が重くなった。

戻る