[2日の海外マーケット概観] NY後半、クロス円、ドル円 米株とともに伸び悩み

概況


2日の欧州市場は序盤、ユーロドルか゜一時1.2828ドル近辺まで下落、ユーロ円は一時119円40銭近辺まで下げ、ともに安値を更新。しかし、ユーロドルでのドル買いが波及するとドル円は93円台を回復。さらにドル円は一時93円35銭近辺まで上昇、ユーロ円が一時120円近くまで上げ、ドル円、クロス円は東京市場の下げ幅を埋めた。ニューヨーク市場は、ダウ上昇を背景にドル円は93円55銭近辺まで上昇。ダウが100ドル超と上げ幅を拡大すると、ユーロ円が120円台を回復、豪ドル円も97円85銭近辺まで買われた。後半、ダウが伸び悩むとドル円は93円27銭まで下落、ユーロ円も120円割れの119円54銭近辺まで押された。ドルストレートも、一時1.2845まで上昇していたユーロドルが1.2808ドル近辺まで下落。

戻る