[外為全般] ドル円上値重い 上げトレンドが微妙な情勢に

概況


23日の東京市場は円か全面高となった。ドル円は午後1時半過ぎに94円を割り込み、一時93円98銭近辺をつけた後は、目先の目標達成や底堅さから買い戻されたが、94円10銭台では押される展開で、午後のレンジ相場上限を突破できていない。上値は依然として重く、上値が重いという認識が広がると再び市場は下値トライの動きに出る可能性もある。欧州勢が本格参入して、新たなショート構築に動くのか買い戻しに動くのか目が離せない。円安が始まった昨年11月中旬からドル円は上げトレンドが続いてきたが、日足で見ると、現在はトレンドラインをやや下回る状態となっており、上げトレンドが維持できるのか微妙な情勢にあることも注意を要する。

戻る