[27日午前の東京マーケット概観] 正午前からややドル買いの動き

概況


26日のニューヨーク市場は後半に一部報道で「日銀、新目標で国債購入拡大」を材料にドル円が94円61銭まで上昇したが、上値は重かった。27日の東京市場は、ドル円、豪ドル円は若干水準を切り上げながら小動き。ユーロ円は小幅もみあいが継続。26日のニューヨーク市場では米株が上昇したが、いいとこ取りの域を出ず、クロス円、ドル円は反応が鈍く、海外市場通じて値動きに乏しい展開。ドル円は、午前8時半前に94円70銭近辺まで強含んだが、午前9時過ぎに94円55銭近辺まで押されている。また、ユーロ円は121円80銭近辺まで上げたあと121円62銭近辺まで軟化。その後は動意薄の展開が継続。午前11時半を過ぎるとドル買い優勢。対ユーロで1.2851ドル近辺、対豪ドルで1.0465米ドル近辺まで上昇。ドル円は94円78銭近辺まで上値を切り上げ。

戻る