[27日の焦点] 米2月住宅販売保留指数に関心 注目度高い指標は少ない

概況


27日発表の景気指標は、件数は比較的多いが、注目度の点ではやや見劣りする。米では、先行指数の2月住宅販売保留指数。予想は前月比0.7%(1月4.5%)と、大きく伸びた1月の反動で伸び鈍化が予想される。ほかでは英2012年第4・四半期GDP(国内総生産)確定値。予想は前期比▲0.3%と速報値と同じ。時に修正されたりすることもあるが、そうしたケースは珍しい。ユーロ圏3月消費者信頼感確定値も▲23.5と速報値と同じ。カナダ2月消費者物価指数の予想は前年比0.8%(1月0.5%)と上ぶれを見込んでいる。最もコアは前年比0.9%(1月1.0%)に鈍化を予想。ドイツ4月GFK消費者信頼感調査は5.9、スイス3月KOF景気先行指数の予想は1.03と、ともに横ばい。ドイツ2月輸入物価指数は前年比▲1.6%(▲0.8%)。いずれもマーケットインパクトには乏しい。NZ3月NBNZ企業信頼感は要注意。

戻る