[2月日銀金融政策決定会合議事要旨] 「国債の年限延長なら基金と輪番の統合選択肢─複数の委員」

概況


2月日銀金融政策決定会合議事要旨の骨子の一部は次の通り。

「国債の年限延長なら基金と輪番の統合選択肢─複数の委員」
「無期限買い入れのただちの導入と物価1%台半ばまでのゼロ金利・資産買入れ提案─1人の委員」
「物価1%実現まで資産買入れ、その後2%まで緩和環境維持の二段階緩和が適当─1人の委員」
「基金と輪番統合なら銀行券ルール見直しが論点、財政健全化重要─1人の委員」
「追加緩和選択肢、付利引き下げ・国債年限延長・リスク性資産増額─何人かの委員」
「固定金利オペから短期国債への振り替えありうる─多くの委員」
「リスク性資産による損失、政府と分担提案─複数の委員」
「緩和行き過ぎるとバブル懸念生じるが適切に対処可能─1人の委員」

戻る