[8日午前の東京マーケット概観] 円売り再燃 ドルは全面高

概況


日のニューヨーク市場で一時95円8銭近辺まで上げたドル円は、午前9時前に再び95円台を回復、95円5銭近辺まで上昇、その後、午前8時50分発表の1月経常収支が3648億円の赤字と、予想(6115億円の赤字)を大きく下回ったこともあってか、午前9時直前に94円88銭近辺まで下落。その後は94円90銭台で推移している。ユーロ円は124円64銭近辺と7日ニューヨーク高値更新後に124円35銭近辺に軟化。ポンド円は142円75銭近辺まで上げた後142円53銭近辺、豪ドル円は97円57銭近辺まで上げた後97円42銭近辺まで、それぞれ押された。その後しばらく様子見の展開となったが、午前11時ごろからドル買いが強まった。ドルが全面高。ドル円が95円15銭近辺と7日ニューヨーク高値を更新。09年8月以来の高値を記録。ユーロドルが1.3092ドル近辺、ポンドドルが1.5010ドル近辺、豪ドル米ドルが1.0245米ドル近辺まで売られた。ドル円は95円30銭近辺まで上げ幅を拡大。ドル円主導でクロス円も上げ幅を拡大。ユーロ円が124円77銭近辺、ポンド円が142円96銭近辺まで上昇。

戻る