[6日午前の東京マーケット概観] まちまち ドル円軟調 ユーロ円もみあい 豪ドル円上昇

概況


朝方、全般はレンジ内の値動きに乏しい展開。日経平均の上昇に反応薄。ユーロ円は下値切り上げながら121円台後半でもみあい。ポンド円は141円20銭前後で推移。豪ドル円は95円85銭近辺まで強含んだ後95円71銭近辺と上昇前のレベルまで押された。ドル円は93円30銭以上が重い。その後、円の買い戻しの動きに、午前10時過ぎにかけユーロ円は121円49銭近辺、ポンド円は140円87銭近辺まで押され、ドル円は92円99銭近辺と93円割れ。その後はドル円、クロス円ともに全般にもみあい。正午にかけクロス円が強い含む展開。ユーロ円は午前9時ごろの121円70銭台を回復。豪ドル円は95円90銭近辺まで上値を切り上げ。ドル円は93円10銭前後で小動き。

戻る