[1日の焦点] 注目は米2月ISM製造業景況指数

概況


1日発表の景気指標は、件数はかなり多く、注目指標も少なくない。その中でも特に関心の高いものをピックアップすると、まず米指標では大物の2月ISM製造業景況指数が登場。市場予想は52.5(1月53.1)に低下。米1月個人支出は前月比0.2%と12月と同じ伸びを予想。所得税減税の廃止がどこまで響いているか注目。ユーロ圏は、独1月小売売上高指数。予想は前月比0.9%(12月▲1.7%)とやや回復。ユーロ圏1月失業率は11.8%と最悪更新か。独、ユーロ圏製造業指数PMI確報値も、修正の方向に注目。英2月製造業 PMIの予想は51.0(1月50.8)とわずかな上昇。中国は国家統計局発表の2月製造業PMI。マークイット、HSBC発表分は予想外の低下だったが、こちらは50.5(1月50.4)と横ばいの範囲か。加第4・四半期GDP(国内総生産)は前期比0.6と第3・四半期と同じ伸びを見込んでいる。

【3月1日の景気指標・イベント予定等】
 16:00 独1月小売売上高
 18:30 英2月製造業PMI
 19:00 欧2月消費者物価指数
 19:00 欧1月失業率
 22:30 加10-12月期GDP
 22:30 米1月個人所得
 22:30 米1月個人消費支出
 22:30 米1月個人消費支出
 24:00 米1月建設支出
 24:00 米2月ISM製造業景気指数

戻る