[外為全般] クロス円、ドル円、伊総選挙結果による急落後のレンジ上限に抑えられ下落

概況


27日ニューヨーク後半から28日早朝にかけ、米株の上げ幅拡大を背景にクロス円、ドル円ともに水準を切り上げたが、イタリア総選挙結果を受けた急落以降のレンジ上限に抑えられた。ユーロ円は121円50銭近辺から121円30銭台、ポンド円は140円超から139円90銭台後半、豪ドル円は94円50銭から94円40銭台前半まで軟化。ドル円は92円40銭近辺から92円20銭台に押されている。

戻る