[27日の焦点] 米1月耐久財受注、米1月中古住宅販売仮契約に注目

概況


27日発表の景気指標は、米1月耐久財受注に注目。12月は前月比4.6%と市場予想を大きく上回る伸びを示したが、12月の予想は12月の増加をそっくり減少する形で▲4.6%。また変動の大きい除く輸送用機器では前月比0.2%(12月1.3%)と伸びが大きく鈍化が見込まれている。設備投資意欲が継続するかはまだ疑問が多いとされる。米1月中古住宅販売仮契約にも関心。同データは中古住宅販売件数の先行指数といわれる。1月分は前月比1.6%(12月▲4.3%)に持ち直すと予想。もっとも、最近発表の米住宅関連データは予想より弱いものが増え始めているだけに要注意。英2012年第4・四半期GDP・改定値は、改定値だけに関心は薄いが、修正があるケースもある。ドイツ3月GFK消費者信頼感調査は予想が5.9%(2月5.8%)に上昇見通し。ユーロ圏景気不振の中で第1・四半期に入って回復しているのはドイツのみとされている。

【27日の景気指標・イベント予定等】
 16:00 独3月GFK消費者信頼感調査
 19:00 欧2月景況感指数
 21:00 米MBA住宅ローン申請指数
 22:30 米1月耐久財受注
 24:00 米1月中古住宅販売仮契約

戻る